音楽人生その1♪|東京・日暮里 下町の隠れ家リラクセーションサロン え~るはーと

こんにちは!
東京・日暮里 下町の隠れ家リラクセーションサロン
え~るはーとの 綿引(わたひき)陽子です

今日は、私の趣味:音楽の歴史を綴ります♪

 

趣味:音楽

昔のことはよく覚えていませんが(笑)、

ピアノを習い始めたのは、幼稚園ぐらいからかなあ~?

ちっちゃい頃、オルガンを弾いている写真がありましたので、

おもちゃ代わりだったのかもしれません。

小学校の頃には、バイエルからソナチネ、ソナタくらいまでは習いました。

高学年になって、クラシックは難しくて、練習がきらいになって、

中学校に入ってバスケ部に入ったことを理由に、

ピアノはやめちゃいました。

突き指すると、ピアノ弾けないんですよ(笑)。

 

ピアノはやめても、音楽を聴くのと、歌うことは好きでした。

当時は歌謡曲全盛時代で、ピンクレディーの振り付けは

カメレオンアーミーまでは今でもほぼ完璧に踊れます。(笑)

その頃から、ニューミュージックなるものが登場して、

ラジオのエアチェックで、カセットテープに録音して聴いてましたねー。

ザ・ベストテンは毎週欠かさず観ていました~♪

 

高校の文化祭でバンドデビュー

サザンオールスターズがデビューしたのが、中2の時でした。

桑田さんの個性と、原坊のピアノコーラスが衝撃的で、

耳コピで真似をし始めました。

クラシックのように、ミスタッチが許されず、指の番号を間違えてはいけない、

などという制限がまったくなく、

原曲通りに弾かなくても、自由にアレンジしていい、

ポピュラーミュージックは、私のアバウトな性格にマッチしました(笑)。

 

高校生の頃は、よく友達と、家でいろんな曲を弾きながら歌って遊んでいました♪

高3の文化祭では、ピアノが弾けるということで、

バンドに2つ参加しました。

ひとつはビートルズカバーバンドでピアノだけ。

もうひとつはごちゃまぜバンドでしたが、

サザンの「匂艶ザ・ナイトクラブ」とか、

南佳孝の「スローなブギにしてくれ」

など、ピアノとコーラスをしました♪

 

そのバンドでは、「LET IT BE」をピアノは弾かずに歌いました。

体育館のステージで、お客さんがたくさんいて、

ピアノを弾くのとは全然違う緊張から、

ハンドマイクを持つ手はふるえ、声もふるえ、足はガクガクでした。

最後に、詞だけ私が書いた、オリジナル曲

「Instant Melody」も歌いましたが、

途中で歌詞を忘れ、誰も知らない曲なのをいいことに、

その場でアレンジして、とりあえず盛り上げて終わりました(笑)。

人前で歌う快感を知った文化祭でした♪

 

専門学校時代

東京の専門学校に進んだ私は、学校の友達とバンドを組んで歌っていました。

その頃には、ハードロック、ヘビィメタルに志向が変わり、

浜田麻里のヘビメタ時代の曲が大好きでした♪

アースシェイカーの「MORE」もこの時代ですね♪

小さいライブハウスで2度ライブをやって、

「AU」

という、今度は作詞作曲ともに自分で手掛けたオリジナル曲を演りました♪

(auのCM曲じゃないですよ(笑))

誰かの曲をコピーする楽しみと、オリジナル曲の楽しみ、

それぞれ違う楽しみを満喫していました♪

 

高知大学学園祭

その後、私は実家に戻ることになり、

1986、1987年と、ご縁があって

高知大学の学園祭に、バンドのボーカルとして出演させていただきました。

最初の年は浜田麻里のカバー、

翌年はHEART、パット・ベネターのカバーで

英語の歌詞に苦しみました(笑)。

声の限りに歌うことが楽しかった時代です。

今思うと、力が入りすぎてて、お聴き苦しかったことでしょう(^_^;)

 

再び東京へ

1989年に東京に戻った私は、今度はちゃんとバンドをやりたいと思い、

雑誌の「PLAYER」で、メンバー募集の記事を出しました。

今みたいにインターネットのない時代でしたので、

手紙が来て、スタジオに来てもらって、オーディションぽいことをやりました。

ギター、ベース、ドラムの3人が決まり、

数回練習しましたが、みんな社会人でスケジュールが合わず、

あっという間に空中分解してしまいました。

が、オーディションではお断りした、あるギタリストから連絡があり、

自分が今やっているバンドのボーカルをやってくれないか、と誘われ、

参加することになったバンドで、私の人生を大きく動かす出会いがありました。

 

ここからがいよいよ、私の音楽人生の始まりなのですが、

長くなりましたので、続きはまた次回にします♪

 

開店までカウントダウン♪

え~るはーと開店まで、あと32日!

あなたにお会いできる日を楽しみにしています♪

 

気軽に来て、リラックスして、身軽になってね~~(*^^)v

あなたのハートにエールをお送りします♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

 

え~るはーと    わたひき ようこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です